近視進行の抑制に効果のあると考えられるマイオピン点眼を導入いたしました。マイオピン点眼については、これまで国内外で近視進抑制効果や安全性などが研究・報告されています。研究の結果によりますと、一日一回のマイオピン点眼で、近視進行の抑制効果が期待でき、かつ、重大な副作用もないとのことです。まだ研究上・臨床上の実績は少なく、効果が確約できるものではありませんが、お子様の近視をなるべく進ませないために、何かできることはないかとお考えのかたにご案内しています。なお、国内では現在、保険適用がないため、マイオピン処方に関する診察は自費診療になります。

マイオピンパンフ1
マイオピンパンフ2

マイオピン点眼による治療

①点眼治療を始める前にマイオピン点眼の適応検査をしていただきます。適応検査では視力検査、眼内の一般検査を行い、マイオピン点眼の適応があるかを診断します。適応が確認できましたら、マイオピン点眼1本を処方します。

②1か月後に2回目の受診をしていただきます。点眼の副作用がないか、点眼が問題なく続けられたかをチェックします。継続できれば、マイオピンを3本処方し、以後は3か月後ごとに受診していただきます。

上記の流れは、医師の診断により変更することもあります。

費用について

マイオピン点眼の処方に関する診療は自費診療になります。保険診療との混合診療はできませんのでご了承ください。

適応検査料(初回検査料) 2000円

再診検査料                     1500円

マイオピン点眼 : 1本 3000円(1か月分)

(上記の価格は税別です)

治療上の注意

①マイオピン点眼は、「近視を必ず改善する」、あるいは「絶対に進まなくできる」治療ではありません。効果には個人差があり、過度な期待はなさりませんようお願いいたします。

②マイオピンは長期に続けることが重要です。