ご注意:このページでは。いくつか手術や注射前後の眼底写真等を載せていますが、わかりやすく、また比較的経過良好である例を提示しています。すべての例がこのような経過をたどるわけではありませんので誤解なさらないようご注意ください。あくまで個々の病状により、結果に違いがあり、各々の治療の得失については、医師と相談する必要があることをあらかじめお伝えいたします。

当院で行っている眼科手術

当院で行っている主な手術をご紹介します。

白内障手術

小切開白内障手術・多焦点レンズを用いた白内障手術

硝子体手術

網膜剥離、黄斑上膜、黄斑円孔、硝子体出血等に。

緑内障手術

従来の濾過手術から、最新の低侵襲緑内障手術まで。

抗VEGF硝子体注射

加齢黄斑変性、糖尿病網膜症・網膜静脈閉塞による黄斑浮腫に。

レーザー網膜光凝固

網膜裂孔・糖尿病網膜症・網膜静脈閉塞症などに。

翼状片手術

再発の少ない遊離弁移植法

YAGレーザ手術

白内障術後の後発白内障治療に。

ボトックス注射

眼瞼けいれん、片側顔面けいれんに対し、有効です。

60~70歳以上の方で、「最近、めがねをかけても、かすんで見えにくい…。」というとき、最も考えられるのは白内障です。

白内障とは

白内障とは目の中の水晶体(レンズ)が濁り、見えにくくなってしまう病気です。ほとんどは老化によるもので、70歳以上の方では半数以上、80歳以上では9割程度の方が白内障にかかっていると言われています。

白内障
水晶体がにごることを白内障といいます。

白内障になるとどうなるか

めがねをかけても見えにくかったり、かすんで見えるようになります。白内障が進んでしまうと、目薬などでも治ることはありません。治療は手術となります

白内障の見え方

いつ手術をするか

①視力の低下やかすみで仕事や日常生活に支障が出たとき、そして②医師が手術を要すると判断したとき、が手術の時期であると考えられています。手術はあわてることはありませんので、本人様のご都合の良いときを医師と相談して決めることとなります。

白内障手術の方法

白内障手術は、

1.  黒目(角膜)のふちを2ミリメートル程、切開し、

2.  水晶体の袋(嚢)の前方を円形に切開して、水晶体の中身を吸引し、

3.  眼内レンズを挿入する

といった過程からなります。

白内障手術

手術はすべて院長が行います。麻酔は表面麻酔で、手術時間は10~15分程度、痛みもほとんどありません。手術は日帰り手術です。術後は回復室にて15分ほど休憩していただき、問題がなければ帰宅していただきます。術翌日と翌々日、1週間後、2週間後、4週間後にご来院いただき、術後の検査を行います。


白内障
白内障術前
多焦点レンズ白内障術後
白内障術後(多焦点レンズ)

眼内レンズについて

眼内レンズの度数を選択することで、手術後の裸眼(めがねを掛けていない状態)での見え方をある程度、調整することができます。レンズの度数については、医師とご相談ください。また、レンズは眼内に入れますので痛みはありません。特殊な場合を除き、交換する必要はありません

費用(自己負担額)について

単焦点レンズの場合、健康保険が使えて、3割負担の方で5万円程度、1割負担の方は1万5千円程度です。高額医療制度を使えば1割負担の方は一月で1万8千円以上かかりませんので、両眼を同じ月にすることで、自己負担を軽減することができます。高額医療制度の自己負担額は患者様ごとに違います。詳しくは健康保険にお尋ねください。

多焦点レンズの場合は、令和2年4月より選定医療となりました。多焦点レンズと単焦点レンズの差額は個人負担となります。詳しくは下の「多焦点レンズについて」をご参照ください。

合併症

① 後嚢破損、チン小帯断裂

水晶体の袋(嚢)が破損したり、水晶体を支えるチン小帯が断裂することが、まれにあります。程度に応じて手術時間が延びます。

② 眼内炎

3000-5000例に1例ほどの割合で、術後、目の中に細菌感染が起こると言われています。細菌によっては数日で失明する危険があり、早期に発見し、手術により速やかに眼内の細菌および炎症起因物質の除去を行なう必要があります。目をこすったり、たたいたりはしないことが大切です。術後早期に急に目が痛くなり、同時に見えなくなってきた、となった場合には速やかに眼科を受診してください。

白内障手術の後は

感染や炎症の防止のために目薬を3ヶ月ほどしていただきます。また、手術後2ヶ月は1~2週間に一度、通院していただきます。目の度数が安定する1~2ヵ月後に必要に応じ、めがねを合せなおします。術後3~4週間でほぼ普通の生活ができます。車の運転はめがねを合せてからにしてください

当院の白内障手術の特徴

手術は院長が行います。麻酔は表面麻酔で、手術時間は10分程度、痛みもほとんどありません。手術は日帰り手術です。術後は回復室にて15分ほど休憩していただき、問題がなければ帰宅していただきます。術翌日と翌々日、1週間後、2週間後、4週間後にご来院いただき、術後の検査を行います。

よくある質問

Q1. 痛くはありませんか?

A 特に痛みはありません。術中は医師の指示に従い、落ち着いて手術を受けてください。手術当日は痛みや異物感があることもありますが、1~2日程度でおさまります。

Q2. 手術はしたいのですが、とても怖いです。どうしたらよいでしょうか。

A 当院ではご希望の方に、低濃度笑気ガス麻酔をいたします。ガスを吸うだけで緊張の取れた状況で手術が可能です。ガスを止めれはすぐに元に戻ります。

Q3. 費用はどれくらいかかりますか?

A 上記、「費用(自己負担額)について」をご参照ください。民間の医療保険に入られている方は手術で給付金がおりる場合が多いようですので加入している保険会社にお問い合わせください。

Q4. いつ手術できますか?

A 特段の問題がなければ、手術申し込みから1~2週間後には手術ができます。他の科で加療中の方は、白内障手術をしてよいかどうか、担当の先生にもご相談ください。

Q5. 視力は必ず上がるのでしょうか?

A 白内障の手術のみ行ないますので、白内障以外に視力低下を来たす他の病気があれば、それに応じて視力の回復は制限されます。白内障で視力が低下した分は手術により改善し、術前よりは明るくなりますが、視力の改善には個人差があることをご理解ください。

Q6. 涙が多いのは治りますか?目やにが多いのは治りますか?

A 涙や目ヤニ(眼脂)は白内障と直接の関連がありませんので、治らないと考えるのが正しいと言えます。術前の診察で医師にご相談ください。

Q7. 運転免許の更新が近いのですが。

A そのままの状態で免許が更新できるのであれば、更新が終わってからが良いでしょう。白内障手術後に更新ができるかどうかは、白内障以外の目の病気の状況にもよります。医師にご相談ください。

多焦点レンズを用いた白内障手術は令和2年4月より選定医療となり、手術代には保険診療が使え、多焦点レンズと単焦点レンズの差額のみを自己負担でお支払いいただくようになりました。

多焦点レンズについて

従来は眼内レンズは単焦点で、遠くにピントを合わせた場合は、近くを見るために老眼鏡がいり、また近くにピントを合わた場合は、遠くを見るために遠用眼鏡がいる状況でした。数年前から、遠くにも近くにも焦点が合う多焦点眼内レンズが出てはいましたが、術後にハローやグレアといった「かすみ」・「ぼやけ」が現れることがあり問題となっていました。その後の改良により、現在はハローやグレアがほぼ問題ないレベルの多焦点眼内レンズが開発され、当院でも導入しています。

手術は単焦点レンズで行った場合と全く同じで、最後に挿入するレンズが違うだけです。一般的に多焦点レンズは単焦点レンズと比較して高額です。多焦点レンズを用いた白内障手術は令和2年4月より選定医療となり、手術代には保険診療が使え、多焦点レンズと単焦点レンズの差額のみを自己負担でお支払いいただくようになりました。従来より自己負担額が少なくて済むようになり、眼内レンズの選択肢が増えたとも言えます。


多焦点レンズ

当院で扱っている多焦点眼内レンズ

① テクニスシンフォニー(AMO社)

遠方と中間距離の2焦点を合わせた多焦点レンズです。特徴は、手物Tの見え方は若干劣るものの、従来問題だったハローやグレアがほぼないことです。当院で入れた患者様からは、新聞の題字までは問題なく見え、文庫本や細かい文字は老眼鏡がいるようですが、ハローやグレアの問題はないとのことで、ご満足いただいています。

多焦点レンズ

② アクリソフIQ パンオプティクス(アルコン社)

2019年10月より日本でも承認された3焦点眼内レンズです。先進医療でも認可され、当院でも導入しています。当院で入れた方々からは、遠方、近方ともに見えると喜ばれています。ハロー・グレアも今のところあまり訴えられておりません。

多焦点レンズ

多焦点眼内レンズを用いた白内障手術の手術費用(片眼)

片眼で、1割負担の方は14,000円程度、3割負担の方は50,000円程度に加え、多焦点レンズと単焦点レンズの差額として20~30万円程度がかかります。詳細につきましては、厚生省への申請手続きが終わり次第、お知らせいたします。

眼球内には硝子体と呼ばれているゼリー状の物質が入っています。この硝子体と眼球の奥にある網膜に対し、外科的治療するのが硝子体手術です。その対象には、黄斑上膜、黄斑円孔、硝子体出血、網膜剥離、糖尿病網膜症等があり、眼科手術の中でも難易度の高いものです。当院では、硝子体手術を日帰りで行っています。

25G・27G硝子体手術とは

ゲージとは針の太さ(径)の規格で、25G(ゲージ)では径が0.50mm、27Gでは0.41mmです。非常に小さな穴を通して、眼内の硝子体や出血、網膜上の病的な膜等を除去します。径が小さくなることで、手術の合併症が少なく、術後の炎症も軽減できます。

硝子体カッターで硝子体を除去
硝子体カッターで硝子体を除去
27Gカッター
27Gカッターの外径は0.41mm
硝子体手術装置コンステレーション(Alcon社)
硝子体手術装置コンステレーション(Alcon社)

適応疾患

①黄斑上膜・黄斑円孔

黄斑とは網膜の中心で正面を見た像が映るところです。黄斑上に余計な膜が生じるのが黄斑上膜、黄斑に穴が開いたのが黄斑円孔です。いずれも見ようと思うところが歪んで見えるようになります。

いづれも硝子体手術で硝子体を除去したのち、黄斑上の膜を除去します。黄斑円孔の場合は、眼内の液を吸引し、特殊なガスで置き換え、術後に数日間下向きをして、黄斑に空いている穴が塞がるようにします。

術後、数か月の経過かけてゆがみは徐々に改善されますが、ゆがみがまったくなくなることはありません。

黄斑上膜
黄斑上膜術前
黄斑上膜
黄斑上膜術黄斑部断面
黄斑上膜
術後
黄斑上膜術後
術後
黄斑円孔
黄斑円孔
黄斑円孔術前黄斑部断面
黄斑円孔
黄斑円孔
術後

②網膜剥離

何らかの原因で網膜が破れ、そこからも網膜がはがれてくる病気です。剥離が黄斑部に達してしまうと視力が急激に低下し黄斑とは網膜の中心で正面を見た像が映るところです。黄斑上に余計な膜が生じるのが黄斑上膜、黄斑に穴が開いたのが黄斑円孔です。いずれも見ようと思うところが歪んで見えるようになります。

硝子体手術で硝子体を除去したのち、眼内の液を吸引、網膜をもとの位置に戻したのちに、網膜裂孔周囲をレーザーで凝固します。網膜をしばらく固定するため、眼内を特殊なガスで置き換え、術後に数日間下向きをして、安静を保ちます。

術前に黄斑部がはがれてしまうと、術後も見えにくさや、ゆがみが残ってしまいますので、網膜剥離が黄斑部に達する前に手術を行います。


裂孔原性網膜剥離
網膜の中心から右側の網膜が剥離しています。
裂孔原性網膜剥離
網膜断面図
裂孔原性網膜剥離
網膜剥離術後
術後、網膜は復位しました。
網膜剥離術後
復位はしましたが、剥離していた側の網膜は薄くなっています。

③糖尿病網膜症

糖尿病で長期にわたって血液中の糖分が高いままだと、全身の細かな血管が次第に壊れていきます。眼球の中で細かな血管が豊富なのは網膜です。糖尿病で網膜に障害が出ることを糖尿病網膜症と言います。糖尿病網膜症では最終的には網膜上に余計な血管(新生血管)が生じ、それが破裂して、眼内に強い出血を来たし、見えなくなります。硝子体手術では、眼内の出血と新生血管に伴ってできた余計な膜を除去します。

糖尿病網膜症
眼内に出血(硝子体出血)を来たし、眼底がほとんど見えません。
糖尿病網膜症
硝子体手術で出血を除去し、網膜にレーザー治療をして、新生血管が生じにくいようにしています。

緑内障の手術は、視野を改善するためではなく、眼圧を下げても、なるべく視野欠損が進行しないようにするのが目的です。最近ではより低侵襲な緑内障手術が多数考案され、当院でも導入しています。

アルコンエクスプレス フィルトレーションデバイス

これはステンレス製の緑内障フィルトレーションデバイスであ り、強膜弁下に輪部から前房内へ穿刺留置することで、前房と眼外の 間に房水流出路を作製し、眼圧の下降を可能とします。

エクスプレス
エクスプレス
当院でエクスプレスを挿入した一例。1時方向に留置されています。

カフークデュアルブレード

角膜切開から眼内にアプローチし、線維柱体とよばれる眼内の水の流出する箇所をを正確に帯状に切除し、広げることで眼圧を低下させます。効率よく、安全に切除できるよう、デュアルブレード(二枚刃)となっています。

カフークデュアルブレード
カフークデュアルブレード

iStent (アイステント)

iStent®は、線維柱体とよばれる眼内の水の流出する箇所にインプラントすることにより、眼内の水の流出が改善され、眼圧が低下します。線維柱帯を温存することで、自然な上強膜静脈圧である8~11 mm Hg辺りの眼圧を維持し、低眼圧のリスクを最小限に抑えることができます。白内障手術時に同時に行います。

iSert
エクスプレス

VEGF(血管内皮増殖因子)を眼内に注射することにより、加齢黄斑変性における新生血管が小さくなったり、糖尿病網膜症や網膜静脈閉塞における黄斑浮腫を低減でき、ここ数十年での眼科界のブレークスルーの一つとなっています。当院でも外来で注射を行うことができます。抗VEGF硝子体注射の現在の課題は、眼内の滞在時間が数か月と短く、頻回に注射をしなければならないことと、注射薬剤が高価であることです。

加齢黄斑変性

こ加齢黄斑変性は黄斑部に新生血管が生じ、そこからの眼底出血で視野の中心の見え方が著しく障害される病気です。抗VEGF硝子体注射で、新生血管を縮退させ、進行を防止します。

加齢黄斑変性症
加齢黄斑変性症
加齢黄斑変性症
加齢黄斑変性症

網膜静脈閉塞症

こ網膜の静脈が主に動脈硬化によって動脈と静脈が交差するところで硬化した動脈が、静脈を圧迫し、静脈の流れを悪くする病気です。黄斑部を含む領域で循環不全か起こると、黄斑部に浮腫(水ぶくれ)が生じ、視力が低下します。抗VEGF硝子体注射で黄斑浮腫が軽減します。

網膜静脈閉塞症
糖尿病黄斑症
網膜静脈閉塞症
糖尿病黄斑症

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症の症状の一つが、糖尿病黄斑症です。これに対しても抗VEGF硝子体注射を行いますが、網膜静脈閉塞症の黄斑浮腫に比べると、抗VEGF薬の効果は少なく、かつ効果が短いので、頻回に打つことが多くなります。全身の糖尿病のコントロールが重要です。

糖尿病黄斑症
糖尿病黄斑症
糖尿病黄斑症
糖尿病黄斑症

抗VEGF注射の効果と費用

抗VEGF硝子体注射の効果は3~4か月ほどです。新生血管が増加あるいは黄斑浮腫の悪化があったときは再注射します。疾患によっては、1月ごとで何回か連続で注射する方法もとられます。注射は健康保険が使えますが、3割負担の方は3万5千円程度、1割負担の方でも1万5千円程度と高額です。

レーザーによる網膜光凝固の眼科治療での目的は主に2つあります。一つは網膜の裂孔に対し、その周辺の網膜を凝固し、網膜剥離が進行しないようにすることであり、もう一つは、糖尿病網膜症および網膜静脈閉塞症で血液循環の悪い網膜を凝固することで、新生血管の生成を防ぐことです。

網膜裂孔・裂孔原性網膜剥離

下の写真のように網膜の裂孔周囲に光凝固(黄色い点)を加えます。下の写真はレーザーをした直後の写真で、およそ1か月で凝固班は黒くなり、固着します。

網膜裂孔に対するレーザー治療
網膜裂孔に対する光凝固の一例
網膜裂孔に対するレーザー治療
網膜裂孔に対する光凝固の一例

糖尿病網膜症・網膜静脈閉塞症

糖尿病網膜症に対しては、黄斑部を除く網膜全体に光凝固を施します。網膜静脈閉塞症の場合は血液循環が悪くなっている場所に光凝固を施します。

糖尿病網膜症に対するレーザー治療
糖尿病網膜症に対する汎網膜光凝固の例

網膜光凝固の実際

網膜光凝固は外来で行います。散瞳が必要ですが、そのあとの眼帯や入浴には制限はありません。翌日から仕事等は可能です。網膜光凝固は健康保険が使え、光凝固が網膜の一部であれば3割負担の方で3万円程度、1割負担の方で1万円程度、また、光凝固が広範にわたる場合は、3割負担で6万円程度、1割負担で2万円程度となります。

いわゆる「しろめ」の表面には結膜という柔らくて可動性のある膜があります。通常、この結膜は「くろめ」(角膜)には入り込みませんが、入り込んでくるのが翼状片です。小さい場合は問題ありませんが、大きくなって角膜の中央付近に来ると、視力低位を来すため、手術します。小さい場合でも、整容的に気になるのであれば、ご希望により手術を行います。当院では、再発が少ない遊離弁移植法を行っています。

翼状片手術の実際

目の表面に麻酔をし、角膜に侵入した異常な結膜を除去し、角膜上の白斑を可能な限りきれいに除去します。上方の結膜から、結膜の移植片を取り、翼状片を世取り除いた部分に縫い付けます。手術はおおよそ20~30分程度で終わりますが、術後3~4日は違和感が強く、充血・涙・眼脂も多いため、眼帯をしていただきます。およそ1週間後に抜糸します。手術は健康保険が使えて、費用は3割負担の場合は3万円ほど、1割負担の方は1万円ほどです。

翼状片
翼状片
翼状片
翼状片手術後

白内障手術の際には水晶体の袋(嚢:のう)の後面を残し、眼内レンズを嚢の中に入れます。手術後数年で残してあった嚢の後面(後嚢)が濁り、視力が低下します。このことを後発白内障と言い、白内障手術後で数年たてば必ず起こります。濁った後嚢をYAGレーザーで取り除くのが、YAGレーザー後嚢切開術です。(YAG:イットリウムアルミニウムガーネット)

YAGレーザー後嚢切開術の実際

YAGレーザー後嚢切開術は外来で行います。散瞳さえしていれば施行自体は数分で痛みもなく、そのあとの眼帯や入浴には制限はありません。翌日から仕事等は可能です。健康保険が使え、3割負担の方で5千円程度、1割負担の方で2000円程度となります。

後発白内障
後発白内障の例
後発白内障に対するYAGレーザ
YAGレーザー後
後発白内障に対するYAGレーザ
YAGレーザー後(徹照像)

眼瞼痙攣および片眼顔面けいれんに対し、皮下にボトックス注射を行うのが有効です。ボトックはボツリヌス毒素で神経毒ですが、ごく薄く、少量の投与ですので特段の問題なく行えます。当院では治療目的のボトックス注射で、美容目的の注射ではありません。

ボトックス注射の実際

眼瞼や口の周りに数か所、細い針でボトックスを注射します。注射前に表面麻酔のクリームを塗布します。注射はすくに終わり、帰宅できます。特に注意はすることはありませんが、注射後に眼周囲を揉むと眼瞼下垂になることがありますので、揉まないようにしてください。注射の効果は3~4か月です。効果がなくなったら再度注射をします。注射は健康保険が使えて、費用は3割負担の場合は1万5千円ほど、1割負担の方は5千円ほどです。