オルソケラトロジーのページはただいま準備中です。

オルソケラトロジーとは

「オルソケラトロジー」とは、近視・近視性乱視の方のための、手術のいらない視力矯正治療法です。

日本ではレーシックほど知られていませんが、アメリカやヨーロッパ、アジア諸国を中心に、世界各国で安全性・有効性が認められ、治療が行われています

日本国内でも、2009年以降4製品が厚生労働省の承認を受け、徐々に広まってきました。2017年12月には、適応対象年齢が改訂になり、オルソケラトロジーレンズを子供にも処方できるようになりました。


オルソケラトロジーとは

オルソケラトロジー治療では「オルソケラトロジーレンズ」という特殊な形状が施された、高酸素透過性の専用ハードコンタクトレンズを夜寝る前につけて、朝起きたらはずします。

就寝中にレンズが角膜の形を正しく変化させ、裸眼視力を矯正するのが特徴です。それにより翌朝レンズをはずした後も、角膜の形状が矯正された状態を一定時間維持できるため、裸眼で過ごせるようになります。

※ただし、オルソケラトロジー治療開始後も、視力が安定するまでは、眼鏡やコンタクトレンズを併用していただく可能性がございます。効果の現れ方には個人差がありますのでご了承ください。現在販売されているオルソケラトロジー治療に使用するレンズは、ハードコンタクトレンズ素材のみとなっております。